特定非営利活動法人Winds Formula Association

モータースポーツを通じ世界の交通事故撲滅を目標としています。

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ワークショップ提案の募集 | main | e sports スタートキッド >>

グランツーリスモ ルーム個人マニュアル

0

    JUGEMテーマ:モータースポーツ

    オンライン専用と書かれていたので一人でできないのか店の人に聞いたら
    「大丈夫。できますよ」と言われホッとしました。
    そしてオンライン対戦にはロビーとスポーツがあるようです。
    ロビーは、ネットワーク上に作られたルームに参加して、オンライン対戦やコミュニケーションを楽しむモードで、プレイヤー自身がルームを作って広くプレイヤーを集めたり、フレンドだけのプライベート空間を作ることも可能との事。
    オープンロビーを楽しむには、PlayStation?Networkにサインインしている必要があるようで、初期のプレステでグランツーリスモをやっていた人にはチンプンカンブンのところもあります。
    まずはルームを作るのですね。
    ロビーのルーム選択画面で
    [ルームを作成する]
    を選んで決定するとルーム作成画面になります。
    ルーム作成画面ではいくつかのブロックに分けて設定を行います。
    各ブロックの設定項目はこんな感じです。
    基本設定
    ・ルームモード
    ルーム内で行われるレースの方式を設定します。
    プラクティス/レース:  練習走行の後決勝レースに進みます。
    プラクティス/耐久レース:練習走行の後制限時間内でのラップ数を競うレースに進みます。
    フリー走行:       レースを行わず練習走行だけを行います。
    ・ルームの公開範囲
    ルームを公開する範囲を設定できます。
    「公開」
    に設定すると、誰でも入室が可能になります。
    「フレンド限定」に設定した場合、ルームを作成したユーザーのフレンドのみが入室可能となります。
    ルームオーナーが引き継がれた場合、入室可能なユーザーの設定もそのまま引き継がれます。
    ・設定の読み込み
    保存してあるイベント設定を読み込みます。
    現在の設定はリセットされます。
    ・ルームを作成する
    現在の設定でルームを作成します。
    ルーム作成後も一部の設定は変更することが可能です。
    ・ルーム概要
    ルームオーナー固定の設定内容に加えて、お使いのネットワークのNATタイプと回線品質を自動で判定して表示します。
    ・ルーム名
    ルーム名になるコメント記入欄。
    ルーム選択の目安にもなるので分かりやすい内容にすること。
    ・ルームのポリシー
    ルームのポリシーを設定します。
    設定内容によってゲームの動作は変わりませんが、ルーム選択の目安にもなるので適切に設定すること。
    ・ルームオーナー固定
    ルームオーナーがレースから抜けたり、オーナーの回線環境が悪化した時、他のプレイヤーがオーナーを引き継ぐかどうかを設定します。
    ルームオーナー固定を「する」
    に設定したルームはオーナーは引き継がれず、レースが中断しますが、ネットワークのタイプがスター型になるため、NATタイプが「タイプ3」と判定されたプレイヤーや、回線の帯域が細いプレイヤーでも、オンラインレースをお楽しみいただける可能性が高くなります。
    ・ルームへの最大参加人数
    ルームに入室できる最大参加人数を設定します。
    最大16人まで設定可能です。
    最大参加人数はレース品質に影響します。
    回線環境がよくないプレイヤーは、最大参加人数を少なめに設定しましょう。
    ・最低ドライバーレーティング
    ルームに参加できるプレイヤーをドライバーレーティングで制限します。
    表示されるプルダウンメニューからレーティングを設定すると、それよりもレーティングの低いプレイヤーはルームに参加できなくなります。
    ドライバーレーティングはE、D、C、B、A、Sの順に高くなります。
    ・最低スポーツマンシップレーティング
    ルームに参加できるプレイヤーをスポーツマンシップレーティングで制限します。
    表示されるプルダウンメニューからレーティングを設定すると、それよりもレーティングの低いプレイヤーはルームに参加できなくなります。
    スポーツマンシップレーティングはE、D、C、B、A、Sの順に高くなります。

    これはあくまでも個人マニュアルとしての備忘録です。

    色々と拝借していますことをご了承ください。
    研究 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://topix.tkroom.fool.jp/trackback/91
    この記事に対するトラックバック