特定非営利活動法人Winds Formula Association

モータースポーツを通じ世界の交通事故撲滅を目標としています。

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 交通事故推移 | main | 放課後学習ラボ、そしてSTRONG ENERGY reborn >>

東京とマニラの交通事故死者数

0
    昨年1年間の東京都内の交通事故の死者数は161人となり、2年ぶりに戦後最少を記録したことが警視庁のまとめでわかった。事故件数全体は3万4247件、負傷者数は3万9744人で、ともに15年連続の減少となった。
    死者数を年齢別にみると、65歳以上の高齢者が58人で36%を占め、最多だった。50歳代が前年より7人多い29人に上った。
    事故にあった際の状況別では、歩行中が47・8%に当たる77人で最も多かった。次いで二輪車乗車中が38人、自転車乗車中が33人と続いた。
    交通事故の死者数は減少傾向にあり、都内でこれまで戦後最少だったのは平成25年の168人。最も多かったのは昭和35年の1179人となっている
    2016.1.3 産経ニュース 引用
    フィリピン共和国] マニラ首都圏の交通事故 2017年は約11万件 死亡者434人
    マニラ首都圏の各自治体の行政を調整・監督するマニラ首都圏開発庁(MMDA)がこのほど発表した首都圏(NCR)の交通事故統計によると、NCR全体で2017年中に発生した交通事故11万25件のうち423件が死亡事故であり、合わせて434人の死亡者が出た。2016年の死亡事故は426件で死亡者が446人だったのと比べると、件数・死亡者ともに減少した。また、2017年中の交通事故による負傷者数は1万9,374人で、2016年の2万876人から7.19%減少した。
    引用元:株式会社オオコシセキュリティコンサルタンツ

    JUGEMテーマ:社会問題

    研究 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://topix.tkroom.fool.jp/trackback/67
    この記事に対するトラックバック