特定非営利活動法人Winds Formula Association

モータースポーツを通じ世界の交通事故撲滅を目標としています。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第3回放課後学習ラボ | main | 東京とマニラの交通事故死者数 >>

交通事故推移

0

    JUGEMテーマ:社会問題

    事故発生件数は減少傾向。
    負傷者数も事故件数とほぼ同じように減少傾向。
    1990年代、日本に人口1億2000万人に対して交通死者数は1万人。
    人口に対して0.0083%
    難病に指定が0.1%未満からすると極端に低いパーセントになっているので「必要減」ぐらいの認識もあったと思う。
    しかし、その後は毎年数百人ずつではあるが着実に減少を続け、2017年は3694人に。今のペースを守れれば、2020年代初頭には3000人切りを達成できる可能性も見えてはきた。
    しかし第10次交通安全基本計画では、死者数の目標を2500人以下としている。
    この目標を達成するにはあと3年で1200人近く減らす必要があり、死傷者数の目標の50万人以下と比べて、達成が厳しい状況となっている。
    死者数を大きく減らせない理由とされているのが、
    (1)高齢者人口の増加
    (2)シートベルト着用率などの頭打ち
    (3)飲酒運転による交通事故件数の下げ止まりなどが挙げられている。
    中でも高齢者の死者数は全体の半数以上を占めるため、その対策が求められている。

    70年は約6124人に1人が交通事故で死亡していた。それが17年は、約3万4364人に1人の割合となった。交通事故死する確率が5.6倍も低くなったということで、それだけ安全になったといえるだろう。

    研究 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://topix.tkroom.fool.jp/trackback/66
    この記事に対するトラックバック