特定非営利活動法人Winds Formula Association

モータースポーツを通じ世界の交通事故撲滅を目標としています。

<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< MT車 | main | 東京バーチャルサーキットのシミュレーターを使った「めまいリハビリ」の教育課程 の説明 >>

東京バーチャルサーキット 走行会

0

    JUGEMテーマ:モータースポーツ

    「仕事帰りにサーキット走行を」走行会?として初めて開催しました。
    わざわざ遠方のサーキットに行かなくても東京港区赤坂に東京バーチャルサーキットがあります。
    走行するマシンはフォーミュラカーと箱車です。

    サーキットは富士スピードウェイ。

    フォーミュラカーとセッティングはFormula 4 箱車はマツダNSXで乗車。

    えっ?サーキットは何々?車両は何々?ってどうい事?と思いますよね。

    こちらのバーチャルサーキット様は日本のサーキットはもちろん世界のサーキットのデータがあり希望のコースを走れます。

    勝手にサーキットを演算してつくるコースとは違い忠実に再現しております。

     

    今回は5名が参加し1回/15分で走行しました。

    不詳、私はFormula4に乗車しました。

     

    なかなか走れないです。


    目は回るし・・・

    インストラクターは砂子氏より「全員基礎がなっていない」との指摘を受け見本走行をしていただきました。


    高齢のドライバーに多いアクセルを踏んだり離したりするいわゆる「セナ走行」とアクセルは全快にしなければいけないという事が全く無意味であることも伺い、まさに50歳過ぎた参加者には「今までなにをやっていたんだろう」という感覚になりました。
    そして走行後は参加者で食事がてら一杯飲みに行くという夢のような時間を過ごしました。
    サーキットに行くと必ず自動車を運転して帰らないといけないのでお酒が飲めない人ができます。
    仕事帰りの18:30〜20:00まで走行後、飲みに行く。それも東京で。(大阪にもあるそうです)
    こういうモータースポーツもあるのです。
    是非、ご活用ください。
    活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://topix.tkroom.fool.jp/trackback/56
    この記事に対するトラックバック