特定非営利活動法人Winds Formula Association

モータースポーツを通じ世界の交通事故撲滅を目標としています。

<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 目眩平衡障害のリハビリresearch 4 | main | 目眩平衡障害のリハビリresearch 1 >>

第2回放課後学習ラボ 木更津サーキット

0

    JUGEMテーマ:モータースポーツ

    JUGEMテーマ:健康

    10月27日土曜日 木更津サーキットにて

    モータースポーツを通じて発達障害を持つ方との交流を図るイベントを開催しました。

    今年はJrkartをご用意させていただき子供たちにルールを守ると危険なモータースポーツも楽しめる事を学んでいただきました。
    走行前のドライバーミィーティング。みんなわかったかな。

    木更津サーキットのスタッフ様より走行についての注意事項、Kartの乗り方の説明をしていただきました。

    子供たちはもちろんですが、保護者の皆さんも乗りたくてウズウズしています。

    そんな時にいきなのり豪雨、木更津サーキット様の判断でサーキットクローズとなりました・・・
     

     

    木更津サーキット様のご厚意によりサーキットクローズの間、レーシングシュミレーターを使ってドライビングレッスンをしていただきました。

     

    モータースポーツの「あるある」ですが

    大人より子供たちのほうが素直です。

     

    流石、昭和世代「速い」

     

    雨が上がりました。さぁ走行。

    でも、もう一度スタッフ様よりkartの乗り方の説明です。

     

    高校生以上は「無謀な事はしない」を心得ていただきました。

     


    良い走りです。

     

    産まれて初めてのkart。少し緊張ぎみ?

     

    よくよく考えたらウエットコンディションでスリックタイヤなんですね。


    皆様、そつなく走行しています。

     

    慣れてくるとスピードがでてスピンか多くなってきました。


    スタッフの皆様、申し訳ございませんでした。

     

     

    走行終了。皆様お疲れ様でした。

     

    ちょっと疲れちゃったかな???

     

     

     

    数多くイベントを開催していると、その日一番目立つ人がいます。

    我々の目の前でスピンでしてしまった子供ですが、スタッフの方にkartを救出してもらった後、我々に何度も何度も頭を下げて謝っていました。「マナーはとても良いのですか謝るのはスタッフの方ですよ」と。
    場の雰囲気も和ませてくれてありがとうございました。

     

    終了証を参加者全員に。

    喜んでくれてとても嬉しいです。

     

    この事業は草の根育成財団の助成金(草の根育成助成)の交付をうけて実施させていただきました。

    代表理事の長谷様が視察にいらして頂き、当会から感謝状をお渡ししました。

     

    スポーツは本来楽しむもの。何度も申し上げているように「マニアがジャンルを潰す」これが日本のスポーツの現状です。モータースポーツは特に中途半端なマニアが発展を妨げています。

    社会問題にもなっている「いじめ」にも影響する初心者や上手くない人にも経験者は優しい気持ちで接していただければと願います。また、今回日程があわずご参加いただけなかった皆様も来年、ぜひご参加いただければ幸です。
    活動報告 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://topix.tkroom.fool.jp/trackback/29
    この記事に対するトラックバック