特定非営利活動法人Winds Formula Association

モータースポーツを通じ世界の交通事故撲滅を目標としています。

<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モータースポーツを通じて発達障害を持つ方との交流を図るイベントにご参加される皆様へのご連絡。 | main | 第2回放課後学習ラボ 木更津サーキット >>

目眩平衡障害のリハビリresearch 4

0

    JUGEMテーマ:健康

     

    #TVC
    #WFA
    #目眩
    #リハビリ
    4回目のレーシングシュミーターでのリハビリです。
    富士SW 60km/h  ストレートのみ80km
     
    初めて走行中の酔いを自覚、しかし走行後の酔い、めまいは1時間程度で回復。
    夜、眼が付かれる。
    眩暈の症状については引き続き川越耳科学クリニック 坂田先生に解析していただいております。
    ※50歳以上の50%以上が乗りもの酔いを起こすといわれています。スポーツをしていない人ほど乗り物酔いをおこしやすという医学的な結果も出ています。
    モータースポーツは体に負担のかかるスポーツです。普段運動をしていない人が軽い気持ちでフォーミユラなどのレースカーに乗ることは非常に危険です。
    WFAのコンテンツ | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://topix.tkroom.fool.jp/trackback/28
    この記事に対するトラックバック